昭和41年 9月羽島市特殊教育助成会で精神薄弱児救護施設の設立を決定
昭和42年 7月精神薄弱者職業訓練所「二光園」として桑原町大須に仮開所 6名
昭和43年 4月精神薄弱者通所更生施設『羽島学園』として厚生大臣許可 定員30名
昭和45年 4月羽島学園 定員50名に変更(入所30名・通所20名)
昭和46年 4月精神薄弱者入所更生施設に変更 定員60名
昭和47年 4月羽島学園 定員80名に変更
昭和51年 12月精神薄弱者授産施設「双樹園」開所にともない、社会福祉法人名を[羽島学園]から『万灯会』に変更する。
平成元年10月「羽島学園」 
桑原町大須から現在地の下中町に移転。
グループホーム「あじか寮(男子)」 開設
平成2年 4月グループホーム「こまづか荘(女子)」開設
平成2年 9月第2作業棟竣工
平成3年 2月体育施設竣工
平成3年 4月運動場完成
グループホーム「ながま荘(女子)」開設
平成5年 11月通所施設竣工
平成5年 12月グループホーム「なかしま荘(男子)」開設
平成10年 9月自活訓練棟 新築
平成11年 4月双樹園 定員40名に変更
(入所:30名 通所:10名)
平成14年 4月生活サポートはしま 開設
平成15年 3月自立生活棟 (現 第3~第6いしだ荘)新築
平成16年 3月自立訓練棟 (現 第1~第2いしだ荘)新築
平成17年 12月本棟改造工事完了
平成18年 4月グループホーム「たけはな荘(男子)」 開設
平成18年 8月双樹園 定員45名に変更
(入所:30名 通所:15名)
グループホーム「くわばら荘(男子)」開設
平成20年 3月生活介護たけはな基盤整備事業完了
平成20年 4月障害者自立支援法による新体系への移行
(羽島学園・生活介護たけはな・共同生活はしま・就労支援センター羽島)に変更
平成21年 9月ケアホーム「まさき荘(男子)」 開設
平成22年 8月ケアホーム「いしだ荘」
(スプリンクラー設備整備事業 完了
平成23年 8月羽島学園 スプリンクラー設備整備事業 完了
平成23年 8月羽島学園 短期入所(空床型)再開
平成25年 1月生活介護たけはな 耐震補強工事 完了
平成25年 4月生活サポートはしま(居宅部門) 事業所移動
平成25年 9月羽島学園(生活介護) 定員変更
(定員70名から75名に増員)
平成26年 4月羽島市いきいき元気館(羽島市地域活動支援センターのぞみ舎)指定管理開始
平成27年 4月就労支援センター羽島 就労移行支援事業 異動 (定員10名から6名に減員し、日中活動支援センターたけはなへ)
平成27年 4月生活介護たけはな改め日中活動支援センターたけはな(生活介護34名、就労移行支援6名) 事業開始
平成27年 8月羽島学園(生活介護) 定員変更
(定員75名から80名に増員)
平成28年 4月にっこり羽島(放課後等デイサービス10名)
事業開始

(平成29年4月 現在)